メルマガ登録フォーム

なわた履物店では、月一回の割合で足と靴に関する豆知識や雑学を満載した
『よかもん新聞』というメルマガを発行しています。
購読ご希望の方は、下記のフォームよりお申し込み下さい。

お名前*
メールアドレス*

 

お名前とアドレスを記入後、確認押してください。送信に変わります



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 |なわた履物店のメルマガ「よかもん新聞」| 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

                 第127号  2017.1.18          

このメルマガは購読を申し込まれた方、当店をご利用された
方に配信しています。

 配信中止・アドレス変更は以下のページからお願い致します。

失礼がございました節には何卒ご容赦下さい。

配信中止・アドレス変更はこちら

http://www.daishoukututen.com/merumaga.htm

 いつもご利用頂きまして、有難うございます。

なわた履物店 店長の縄田です。

 ご挨拶が遅くなりましたが、新年おめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

  寒さの厳しい日が続いていますが、縄田さんはいかがお過ご

しでしょうか。

  今月も10日を過ぎると通常モードになって、正月気分も

なくなり、日にちが過ぎるのを早く感じますね。一年なんか

あっという間です(笑)

 インフルエンザが流行っているようで、うがい、手洗いは

きちんとしないといけませんね。歳をとってインフルにかか

るなんて、命の危険を感じますから・・。

  それにしても、昨年末からの飯塚市長の賭けマージャン問

題ではお騒がせしました。飯塚市民の一人としてお詫び申し

上げます。実績のある人だっただけに途中任期での辞任は残

念です。

 変なことで飯塚が有名になるのは勘弁してほしいというの

は市民共通の思いです。

 暖かくしてお過ごし下さい。

 

 ○クイズ分かるかな?
-------------------------- 

使い方の正しいほうを選んで下さい

   慮疑磧Ω技奸呂和臂の中の大将。

 ◆〆はまさに[時宣・時宜]にかなうといえよう。

  彼は実に[洒脱・酒脱]な人柄だ。

応募方法は、答えをメールにて件名を「クイズ応募」にしてお

送り下さい。 → sinsikutu@daishoukututen.com

締め切りは1月28日(土)までです。全問正解者の中から

抽選で10名の方に粗品をプレゼント致します。

クイズ応募と一緒に当店のメルマガ「よかもん新聞」のご感想

も頂けたら、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

 前回の答えは(使い方の正しい方)

 厘嗟]の判断で命拾いをした。

 咄嗟は舌打ちして嘆息することから、舌打ちするくらいのご

くわずかな時間、瞬間を意味する。

 ◆ゝ重な品を[戴く]。

戴の音は「たい」で、「頂戴」「戴冠式」などの熟語がある。

  奴は[拳銃]マニアだ。

拳の字は「こぶし」で、拳銃は片手で持てる小型の銃。

 でした。ご応募有難うございました。

 

 ○足と靴の豆知識

---------------------

     くるぶしが当たって痛い時も微調整できます

  靴店で自分の好みのデザインを試し履きして、足に合った靴を

やっと見つけたと思った瞬間に、外くるぶしが履き口に当たって

「痛いっ」となったことがある人は多いと思います。

 折角、気に入ったデザインだったのに、歩くたびに痛みがあっ

たらとても履くことができません。そこで、その靴を泣く泣くあ

きらめた経験はありませんか。靴は実際に歩いてみないと分から

ないものです。しかし、そこであきらめるのは少し早いと思いま

す。ここで必要になるのが「最後の仕上げの微調整」です。

  外くるぶしが当たって痛い場合は、爪先のみの中敷きの先端三

分の一程度を切って、それを中底の踵部分に敷きます。そうする

と踵部が持ち上げられて、くるぶしに当たらなくなるのです。そ

れでも当たる時は、もう一枚敷くと良いでしょう。革靴の中敷き

は、取り外せるのが多いので、中敷きの下に敷くと外から見えな

くなります。

「そこまでして履こうと思わない」という人も中にはおられます

が、メーカー独自の木型から作った靴を同じサイズだからといっ

て、万人の足に履いてもらおうとするのですから、どこかで無理

があるのです。

 そこで必要なのが微調整です。「靴は履かれて初めて完成品」

というように是非、靴店で相談してみて下さい。

 
 *足や靴に関することは、是非店長の縄田までご相談下さい。

 私で分かる範囲で宜しければアドバイスさせて頂きます。

 メールはこちら→ sinsikutu@daishoukututen.com

 お電話はこちら→ 0948-22-0684

 

★★★小さい紳士革靴(ビジネスタイプ)のオリジナルデザイ

      ンが好評です★★★ 

           (21.0cm〜30.0cmまで対応出来ます)

#5039  24,800円(税込)  紳士物では珍しいショート

                   ブーツ。
http://www.daishoukututen.com/15039.html

#2137  22,680円(税込)  お洒落なチャッカーブーツ。

http://www.daishoukututen.com/2137.html

#6045  21,600円(税込)  シンプルなデザインが人気。

http://www.daishoukututen.com/6045.html

#3011  21,600円(税込)  ひもで横ファスナータイプ。

http://www.daishoukututen.com/3011.html


他にもまだまだあります。全商品を見たい方はこちら↓

http://www.daishoukututen.com/sinsikutu.html

 

○ちょっといい話

-------------------

このお話は、私が本で読んだり、人から聞かせていただいたりし

て純粋に「ああいい話だなあ」と感動した話です。この素晴らし

い感動を皆様と少しでも共有できたらと念じまして、ご紹介させ

ていただいております。

        考えても解決しない時は考えるのをやめる

  心配することはマイナスのパワーなのでよくないとはわかって
いても、起きたトラブルを明るくプラスに捉えることは難しいこ

とです。

  いくら考えても解決しそうになくて心配してしまう(どんどん

マイナスのパワーをつくる)。それなら考えるのをやめるべきな

のです。

 考えれば考えるほど不安になって心配するなら、やめたほうが

ずっといい。心から心配を追い出してすっきりさせて、マイナス

のパワーをなくしてしまうべきです。

 これは決して、解決すべき問題をほうり出しておくということ

ではありません。あとは人に任せるとか、逃げ出すということで

もありません。考え方の問題なのです。

 その時、自分にできる最善の努力をして、もうこれ以上しよう

がない、というところまできたら、余計な心配をしだす前に頭か

ら出してしまう、という意味です。いらないマイナス要素が心に

増えていく前にやめよう、ということです。

 起きてしまった事実はもう変えようがありません。先まわりの

余計な心配で自分が不安になるならば、考えるのをやめたほうが

ずっといいですよね。

「不安になることは考えない」。これも一つのプラス思考だと思

います。

      浅見帆帆子著「あなたは絶対!運がいい」より

     

 今回も最後までお読み下さいまして、有難うございました。

このメルマガのご意見・ご感想をお待ちしております。どんなこ

とでも構いませんので、よろしくお願いします。

  ご意見・ご感想はこちら↓

  sinsikutu@daishoukututen.com

 次号は2月18日(土)発行予定です。

 

*******************************

 なわた履物店  
820-0042
福岡県飯塚市本町11−25
TEL 0948−22−0684
FAX  0948−22−0970

http://www.daishoukututen.com

発行責任者  縄田真照

sinsikutu@daishoukututen.com

********************************